2013/12/06

20131022


時々、自分にご褒美をあげていて
今回は、これ
野村萬斎 + 坂本龍一 + 高谷史郎
LIFE - WELL


初めての山口は想像以上に素敵なところ
道に迷って雪舟庭園まで辿り着いた。
茶の湯の文化もしっかりと残り
また来ると誓ったのでした

次は宇部や萩に行きたい








野田神社で行われた
坂本龍一+高谷史郎「『LIFE - WELL』インスタレーション」
絵馬堂が素晴らしかった








能面袋ってなんだろう

2013 10月の日常


縁側のひだまりでレースのカーテンと遊んだり
大濠公園のはすで、桃ヶ池公園を思い出したり
階段の下からはなたんに呼ばれたり







20130930 京都


明け方高速バスで京都駅に着地して
待ち合わせの19時まで時間はある
大徳寺へ

ここだったのか!とか
どうしても行きたかった茶室にも











2013/12/05

20130930-1008


福岡で、少し働くことにしたので
その前に

友人に会って、お通夜に行ったり
おばあちゃんはいつものように和菓子に舌鼓売ってくれて
悲しいことも嬉しいことも盛りだくさん

※8月にオープンする
新世界の、ピカスペース
ごたまぜ、ミックスジュースみたいなお店です














2013/10/10

20130930 コーラとフォルクスワーゲンと

夜のなかで出逢った。

突然、あなたは消えた。
無機質なテレビの画面があなたの名前を呼ぶ。
あなたはあのときのように眠っているようだった。
カウンターに座っていると、いつもみたいに無造作にガラガラっと扉をあけて、
「よっ」ってはにかみながらあなたが現れそうだった。

かなしいとか、怒るとか、そういう感情よりも、ただただ分からない。
今自分がどういう感情なのか、いとくずみたいにこんがらがって頭の中がもやもやとして

眠れなくて明け方歩いてると空が明るくなった。
あなたは、今頃この空のどこらへんにいるのかなあと思う。

あたしが初めて手にした、自分のカメラはあなたからもらったキヤノン。
一枚くらい、あなたを撮りたかったけど、撮らなかった。撮れなかったのかな。
色々思い出すけど
一度しか言えなかった言葉をあなたに伝えます。
「愛しています」

たまたま来ていたから最期にあなたに逢えた
不思議だね。

あなたが煙になったすぐあと新月になったよ。

これからはいつでも、あたしの逢いたいときに逢える
姿かたちはないけど

あなたの口癖、「イイ女になるんやで」。
そっち行ったときに
「きらきらしてて、イイ女になったなぁ~」
ってまた言わせられるように
あたしは残されたこっちでの時間を過ごすことにします

この世界で出逢ってくれてありがとう


2013/09/30

20130930

長月が終わります

言葉、ってあいまいなものだから
せめてその言葉を使うときには自分なりにその言葉の「定義」を考えながら使う。
それが、あたしの言葉という概念に対する誠実な向き合い方だと、昨日気づいた。
というか、あやふやな感覚で言葉を選んでる人を見ると不安だ

いちばん良いのは、ラベルに頼らない表現